Top > What's New 『えりの食の世界』2022年


幼稚園 & お仕事スタート & 左義長…etc★

Jan.15,2022(Sat)

 今週は息子くんの幼稚園三学期が始まりました☆ 相変わらずのドタバタな毎日ですが、わずかでも自由に動ける身軽さ。 幼稚園は有難いです。
本日はさっそく『備忘録』を綴っていきま~す☆↓↓↓

★★★ 1月11日(火) 夕食献立 ↓↓↓★★★
 息子くんの幼稚園始業式(11時降園)。 三学期が始まった♪
この日から土曜日までお買い物に行けそうにないので、大急ぎでお買い物に!! 明石産生海苔の画像↑そして「そろそろ出てくるかなあ~?」って覗いたお魚屋さんで、今季初売りの『明石産・生海苔』を見つけてしまった。 明石産生海苔の佃煮の画像↑帰宅して、お迎え時間まで残り30分強…。 コートも脱がず買い物食材の片付けと、同時に『生海苔の佃煮』作りと、翌日以降の夕食用に購入した『子持ち赤カレイ』の調理開始。

ギリギリ、お迎えの時間に間に合ったけれど、ドタバタ過ぎた~。

コート脱いでたらお迎え時間間に合わなかったと思う
何もこんな日に『生海苔』まで購入しなくてもよかったんだけど、見るとつい手に取ってしまったので…。 夕食献立の画像↑夕食: 『鰹のタタキ /w 酢玉ネギ、おろし生姜、スライスニンニクのせ』『ネギたっぷりのスジコン煮』 VS. お義母様は『ふろふき大根(丸大根) /w 柚子みそ』『黒豆煮』『大根の柚子漬け』『菜飯 /w 自家製・生海苔の佃煮』『お味噌汁』『みかん & 三田産いちご』
鰹のタタキ、お肉と蒟蒻、しめじ、昆布以外、全て兵庫県産(ワカメ、ジャコ、海苔) & 地場産野菜と果物だ!!
★★★ 1月12日(水) 夕食献立 ↓↓↓★★★
 息子くんの幼稚園での給食開始☆ そして、私もお仕事の始動。 夕食献立の画像↑夕食: 『野菜だらけのビーフカレー /w らっきょう漬け』『サラダ /w らっきょうの残り酢で漬ける酢玉ネギ』『三田産いちご & パイナップル & みかん』
お義母様、ここ数回のカレーで、息子くんのアンパンマン丼皿を気に入って使っている。(写真には写っていないけれど、息子くんはフツーの大人皿なのに~。笑)
★★★ 1月13日(木) 夕食献立 ↓↓↓★★★
 旦那様、振休でオフ。 夕食献立の画像↑夕食: 『子持ち赤カレイの煮付け /w 太ネギ』『大豆とひじきのスピードアップきんちゃく(料理研究家・山瀬理恵子ちゃんのアス飯レシピ本より) 』『柚子かぶら』『菊芋 & かぶら葉 & 人参のぬか漬け』『お味噌汁(太ネギと三田産・山の芋の落とし)』『自家製・生海苔の佃煮』『みかん』 料理研究家・山瀬理恵子ちゃんの ↑久々に料理研究家・山瀬理恵子ちゃんの "アス飯レシピ本" から、全レシピ作ってみよう計画中の『第45回目』のチョイスは『大豆とひじきのスピードアップきんちゃく』 夕食献立の画像↑久々にアス飯レシピ本の中の新しいレシピを作った。 最近はわが家で定番料理となってしまったリピートものばかりだったからね。
最近、新しいレシピを作れていなかったのは、レシピ本の中でだ作っていないお料理は、殆どがお義母様が絶対にNGな鶏肉使用していたり、豚肉がミンチ肉になっていて、お義母様が取り除けないからって理由で後回しになってるものと、唯一、わが家に常備されていないナンプラーを使用しているお料理とデザート系。夕食献立の画像↑先日ついに、ナンプラーを購入してみたので、このレシピにトライ♪
ナンプラーさえ揃えば、あとはいつも通り急に思いついた時にスグに常備食材やキッチンガーデンから必要なお野菜を採ってきたらスグ作れる!!
いつもながら驚く食材の組み合わせ(今回の巾着の中身は、ひじき、蒸し大豆、ニラ、トマト、チーズがメイン)、スパイスや調味料一つ一つですら体に必要な栄養素として練り込まれている全てのレシピ。 頭が下がります。

今回も美味しかった♪
ナンプラー × カレー粉の風味が美味しく、お義母様も気に入っていたので、また作ります♪

★★★ 1月14日(金) 旦那様出張・左義長・夕食献立 ↓↓↓★★★
 旦那様、この日より2泊3日で出張。 今月残りの週末(金~日)は全て出張で不在になるとのこと。
この日は幼稚園に息子くんを送り、そのまま保育参観。 コロナが再拡大中の為、年末の予定では入園後初の『給食参観』となるはずが、またもや普通の参観に…。
そして、保育室内での参観も不可となり、終始吹雪く寒空の中、家を出てから約2時間…頭や肩に雪を積もらせ震えながら、足も手も感覚がなくなる状態での参観となり、さすがの私も風邪を引くような気がした…。 夕食献立の画像↑毎年1月14日・16時~は、昔からの地元の村の人たちが続けている神社さんでの左義長(どんど焼き)がある。 金曜夕方は息子くんの習い事がある日なのでドタバタ。 それでもこの左義長でのお正月飾りのしめ縄やウラジロ、お箸などと一緒に、息子くんの幼稚園などでの1年分の製作やお絵描きなどの作品(そのうち書初めとかってなるのかな?)を、上達を祈って(& 写真で保存だけはしているので処分を兼ねて)一緒に焚き上げるもらうために欠かさずいくことにしている。 本枯節と削り節器の画像↑『鰹節』を削るのが気持ちがいい♪ どんなに忙しくても、削りたてで味わう美味しさの魅力にとりつかれているので、必要な時に必要量を削る。
我ながら、上手に削れるようになったと思う☆ 夕食献立の画像↑夕食: 『湯豆腐風(白菜、太ネギ、原木椎茸、人参、えのきだけ /w 自家製土佐醤油 & 青ネギとおろし生姜 & 削りたて本枯節)』『そぼろ丼(玉子 & 牛肉Ver.)菜飯 & 納豆 /w 自家製紅生姜』『しいたけの含め煮 & 高野豆腐の含め煮』『みかん』

★★★ 1月15日(土) 旦那様出張中・小正月・夕食献立 ↓↓↓★★★
 旦那様は出張中で不在。 三田駅・特急こうのとりの画像↑今週も午前中は 9時半前には家を出て(←息子くんは朝の楽しみのTVタイムや "こどもちゃれんじ" や、積み木やブロック、お絵描き遊びも全て終え)、息子くんとジョギングのような散歩で三田駅まで行き、特急コウノトリ号を眺め、帰宅はお昼ごはん前。 善哉とお赤飯の画像↑午後は息子くんとひたすら家遊びと、ここ数日、息子くんからリクエストされていた『お善哉・粒あん & お赤飯』作りを一緒に。 善哉とお赤飯の画像『お善哉・粒あん』を作るなら『お赤飯』も同時に作る私。 ちょうど今日は小正月。 本来は『小豆粥』だけど『お赤飯』でもいいよね~♪
『お善哉』は、明日からのオヤツに♪ 今夜は息子くんの強い希望により、夕食後のデザートとして味見程度にお餅を入れずに皆で食べた。 夕食献立の画像↑夕食: 『お赤飯(炊飯Ver.)』『子持ちししゃも』『サラダ』『たたき酢ゴボウ』『かす汁(鰤アラVer.)』『お善哉』『みかん』

昨夜より、試験的に息子くんの就寝時間を30分遅らせ、20時就寝にしてみている☆ 年長さんのうちに少しでも就寝時間を遅らせ(20時就寝に)、それによって、少しでも起床時間が遅く出来るようになるかの試験的な試み。 古くからのコアな読者様ならご存知頂けているかと思うけど、わが家の息子くん…生まれてこの方、朝を起こしたことがなく(私の憧れになってる…)、なんなら朝の7時まで寝ていてくれたことなんて、10回もない…いえいえ、5回もない…(乳幼児期を含めても…)。 遅くに寝ても朝の5時台前半、なんなら4時半に元気に起床し、私を起こしてくれ、アラームが不要な私たち夫婦は6時には毎朝起床し、部屋中の窓を解放する生活を強いられている。
6時までは極力お布団の中から出ないように言い聞かせている。
今までのところ、就寝時間を遅くすれば、起床時間も必然と遅くなると信じていたのだけど、息子くんの場合には該当しないようで、例え就寝時間が21時でも、朝は5時台には元気に目覚めてしまう、恐ろしく早起きリズムの体内時計を持っている……。(連日遅く寝かしても…。) なので、睡眠時間を確保するためにには19時半就寝で、せめて9時間~10時間の睡眠時間は確保させている状態。

ただ、このまま19時半就寝で小学校に入学してしまうと、宿題やら勉強やら遊びやらをいつするんだろう? って案件が、あと1年ちょっと後に迫ってきているので、息子くんが年長さんになる春休み期間を利用して、せめて30分でも遅く就寝し、朝は6時に目覚めてくれるようになると気持ち安心できるのだけど…と思い、昨晩も今夜も20時まで消灯せずにいたのだけど、今朝はやっぱり5時15分起床…。 明日朝はどうなることやら…(たぶん、変化なく5時15分起床だと思う。)

春休みを待たず、週末の金曜、土曜の夜は20時就寝にしてみようと思うけれど、春休み期間中に「こりゃダメだ…」って思えたら、息子くんには朝に宿題やらお勉強をしてもらうことになるんだろうなぁ。。。そして、わが家には休日も関係なくゆっくりお布団でゴロゴロって夢も諦める生活が続くということに…。

ではでは、今日はこの辺で。。。

【2022年頁のトップに戻る】

毎年恒例・残りお節料理での巻き寿司♪

Jan.10,2022(Mon/Hol)

 今年も恒例の残りお節料理で『巻寿司』を作りました☆ 今年は『玉子焼き』を息子くんが焼いてくれましたよ!!

とは言っても、玉子焼き器を握る息子くんの手を後ろから私が握って操作しましたけどね。
今日で最終日だった長い冬休み、一日の一部を息子くんとのリアルお料理ごっこで遊びとして乗り切った『食事備忘録』を綴っていきま~す☆↓↓↓

★★★ 1月7日(金) 夕食献立 ↓↓↓★★★
夕食献立の画像↑毎年恒例の『巻き寿司』を作る事を前提に少し多めに作っている☆
お節料理が好きなわが家。 どれくらい巻き寿司の具になるものが残るかはわからなかったけれど、年末の調理の時から『巻き寿司』をすることは計画に入っていたので、『高野豆腐』や『椎茸の含め煮』はお寿司用のカットも用意していました。

『高野豆腐』に再加熱し、その際に干瓢や蒲鉾を一緒に加熱し、卵を焼き、きゅうり、沢庵をカットして、合わせた寿司酢には、この季節限定だけど沢山野菜庫に柚子があるので、ギューっと柚子果汁も加え美味しさアップの寿司酢の完成☆

玉子焼きを一緒に焼いた息子くんのリクエストで、息子くんの大好きな『玉子にぎり寿司』も少し作る事に☆ 夕食献立の画像↑夕食: 『巻き寿司(高野豆腐の含め煮、干瓢、蒲鉾、茸の含め煮、きゅうり、沢庵、玉子焼き)、玉子にぎり寿司 /w 新生姜の甘酢漬け『黒豆煮』田作り(ごまめ) & 数の子 & 蕗の青煮『炊き合せ』『柚子大根』『トマト & セロリ』『イワシ団子の赤出汁』『みかん』

↑お義母様が「もう一度お正月が来た!! すご~い!! りょうちゃんの相手をしながら、いつの間にお寿司を作っちゃうのよ~!!」「美味しすぎる~♪」「えりちゃんの寿し飯の味が美味しいから好き♪」って喜んで食べてくれていましたが、私の作るお寿司の「お酢」の配合は、結婚する前に母に教えてもらった配合♪

さらに、昨年2月のお義母様と同居が始まる前の1年間での季節ごとのお寿司を作るシーンで、実家の母に作ってもらって持ち帰るってことができなくなる危機感で、再現できるか必死になって作ってみていたもの♪

この味が好きすぎて、この味を食べたくって、具材の味付けも、各種のお寿司ごとにお酢の配合(特に甘さ)を変える母の寿司酢配合も私は絶対に手放せない味なんだ~♪

で~も~、この日の寿司飯、自分でも「スッゴク美味しく出来た!!」って思えたのに、お酢を混ぜ合わせる前の白米の炊飯の水加減かお米の測り間違いかで(←息子くんと一緒にやった…言い訳だけど)、結構硬めの炊きあがりだったのが残念だったなぁ。。。そこさえちゃんとできていたら100点満点以上つけることができる美味しさだったのになあ~。

あと1ヶ月もしない間に、今度は節分の恵方巻作りをするので、その時は失敗しないように頑張ろ!!
しかし、わが家の息子くん、お寿司が好きすぎて(酢の物全般が好きだし)、お酢を合わせている時、炊飯できたお米にお酢を混ぜる時、お寿司を巻いてるとき、お寿司をカットしている時、お皿に並べている時……全ての行程で「りょうちゃん味見がしたいなぁ~」ってパクパク食べていく~。笑
息子くんリクエストの『玉子にぎり』も最初は8貫できるはずだったのに、夕食で「いただきま~す♪」する時には4貫にまで減っていた。 それでも夕食では巻寿司も全て沢山食べるんだから、凄いわ!!
★★★ 1月8日(土) 夕食献立 ↓↓↓★★★
 旦那様は終日お仕事。 帰宅も休日出勤にしては遅くなった22時過ぎ。
午前中は息子くんとジョギングのような散歩で三田駅まで行き、特急コウノトリ号を眺め、午後は息子くんと実家に遊びに行った。 夕食献立の画像↑夕食: 『紅鮭のグリル焼き & お節料理の筍煮 & セロリ』『ネギたっぷりのスジコン煮』『湯豆腐風(白菜、白ネギ、原木椎茸、人参、えのきだけ /w 自家製土佐醤油 & 青ネギとおろし生姜 & 削りたて本枯節)』『黒豆煮』『みかん』

★★★ 1月9日(日) 夕食献立 ↓↓↓★★★
 旦那様は終日お仕事。 帰宅は16時までに出来るとのことだったので、久々に『お好み焼き』を夕食にすることを朝食時に決定♪
午前中は息子くんとジョギングのような散歩で三田駅まで行き、特急コウノトリ号を眺めた後、お好み焼きに使う『天かす(30円)』だけスーパーの天婦羅を揚げているコーナーで購入し帰宅のはずが、息子くんとお買い物行くと他のモノをねだられ、この日は「ヤクルト買って欲しい」と言われ、約300円の追加買い物。
…年末に家の前を通ったヤクルトレディさんに試飲を渡されそうになったのを断ったのに…貰っておけばよかった…。本来のお買い物の『天かす』の10倍のモノを買わされたし…。
午後は息子くんと玄関先で縄跳びやキックボードで遊び、旦那様が帰宅するまで家に入れず…。 ポカポカ陽気でコートなしで外遊びができた。 夕食献立の画像↑夕食: 『お好み焼き(豚・イカのミックス & ネギ焼の豚イカミックス』『自家製紅生姜』、写真にはないけれど、急遽冷蔵庫に残っていた半玉のうどんで『焼うどん』も。『みかん』

↑食べることに必死になりすぎて、焼きあがっておソースを塗った美味しそうなお好み焼きの完成形を撮影し忘れていたことに後で気が付いた…。 わが家のお好み焼きは『粉もん』とは言えない小麦粉の少なさ。 殆どが山芋と卵とキャベツかネギがメインで構成されている。(レシピ紹介している小麦粉の量の半分~2/3量くらいになっている)

スッゴク美味しかった♪ 食べたくって、年末年始のお休みの間に、家族全員が食事時間に揃う日を待ち構え、材料だけは年末から用意していたのに、結局この日まで出来なかったんだ…。

★★★ 1月10日(月・祝/成人の日) 夕食献立 ↓↓↓★★★
 旦那様は終日お仕事。 帰宅は17時までにギリギリ出来るとのことだったので、夕食は全員揃うので『鍋料理』を夕食にすると朝食時から決定♪ 夕食献立の画像↑今日もポカポカ陽気だったので、冬休みの間の午前のお散歩(…とは言わないほぼジョギングのような小走り)コースになっている『三田駅傍の踏切から特急コウノトリ号を見る』を、年明け後の旦那様のお仕事が始まってからの今日まではほぼ毎朝、息子くんと三田駅まで向かってエネルギー発散を朝のうちにさせていたんだけど、この日は「行かない。 おばぁちゃん & おじぃちゃん家に行く」と言うので、朝から実家にお邪魔することに。

途中、御近所のパン屋『パンプキン』さんに立寄ってお買い物したら、店長さんが「お年賀です」って寅型のクッキーなどが入った小袋を息子くんにプレゼントして下さった♪ パンプキンさんのスタッフさんは、息子くんが三田に越して来てから常に皆さん優しく温かく接して下さり、本当に気持ちの良いお店なので大好きです♪(しかし、この子は生まれてからこの方、どこに行ってもいろんな人から声を掛けられ、いろんな人から物を貰う子だ~。笑) 夕食献立の画像↑夕食: 『山瀬理恵子ちゃんのアス飯本より "アスリート的 具だくさん豆乳鍋" アレンジリピート(ベースはレシピ通りで追加具材がアレンジ:豚肉、あさり、ニンニク、ジャガイモ、キムチ、豆乳、チーズ、すり胡麻の基本材料に、追加材料として:真タラ、平天、スルメイカ、ホタテ貝柱、海老、もめん豆腐、白菜、太ネギ、丸大根、人参、蓮根、原木椎茸、ブロッコリー) 』『〆は雑炊』『みかん(写真なし)』
理恵子ちゃんと言えば、昨年末12月にサッカー選手の御主人・山瀬功治さんが愛媛FCから契約満了の提示を受け、つい3日ほど前に山口県のレノファ山口に移籍が決まり、御主人は既に山口県にて始動とか。
私が理恵子ちゃんや御主人と京都で出会ったのが 2014年6月、その後、お二人は京都を離れ→福岡→愛媛と各地へ移り、今年は本州に戻って来てくれた!! 山口県での活躍を楽しみに心より応援しています♪ 山口県は私が大好きな土地だ♪
さてさて、やっと明日からは息子くんも幼稚園三学期のスタート♪ コロナの第6波ともいわれるオミクロン株の感染拡大が心配なレベルまで拡がってきており、かなり心配ですが、気を引き締めて元気に生活していきます♪

ではでは、今日はこの辺で。。。

【2022年頁のトップに戻る】

お節料理記録と三が日の過ごし方♪

Jan.6,2022(Thu)

2022年のお節料理の画像↑改めまして 新年おめでとうございます♪ 本年もよろしくお願い申し上げます

 令和4年(2022年)のお正月は、昨年2月にお義母様が加わって同居生活がスタートし、初めて家族4人となってのお正月。 皆が元気に迎えることができました。

元気には迎えることができたのは実にありがたい事なのですが、昨年の奇跡のお正月のように1時間でもゆっくりお布団にいれるように祈っていた夢のお正月休みは…、やはり夢で終わり、昨年は奇跡のお正月休みだったということが確定しました。

お正月だろうが何だろうが、わが家の息子くんの早起きリズムには関係ないので、午前6時前(5時過ぎ…なんなら5時前もありともいう)にはいつも通り「起きる時間だよ~!! お~き~て!!」と起こされる毎日…。
何なら…大晦日、元旦と続けて緑茶をガンガン飲んだ上に、お茶菓子と一緒にお抹茶点てて飲んじゃったから、息子くん、元旦の夜は完全にカフェインにやられ、眠れない症状が出て、私は一晩息子くんにお付き合いして夜通しお喋りして過ごすという可哀そうな一晩があったりでした。

…私、年末30日から大晦日の夜は、2~3時間あるかないかの睡眠時間で、元旦の夜こそ早く寝るつもりだったのに、結局1時間半ほど眠っただけ…。どうやら今年もロボットのような生活になりそうな幕開け…。涙
ではでは、そんな年始の『食事備忘録』、年末に頑張ったお節料理の詳細を綴っていきま~す☆↓↓↓

★★★ 1月1日(土) 2022年のお節料理など ↓↓↓★★★
2022年のお節料理の画像↑『お節料理』と『お雑煮』は、食材に寄せる想いは毎年変わらずですが、今年の冬は実家・父の畑のお野菜がなく(父が夏から畑仕事をお休みしていたので)、地元・三田産のお野菜と果物などの食材、旅先で出会ったお店の食材、9月に何のご縁かすっごく御近所に店舗を構えてくれた『にじ屋』さんからのお野菜や果物や卵たちなど、食材一つ一つにエピソードが詰まっています。↓↓↓
※詰め方を考えるのがもう面倒なので、変わり映えしないのはつまらないけれど、時短ということで、今年も昨年とほぼ一緒~。笑(←昨年の写真を見ながら詰めた~笑。 毎年これで行くことにしたし~笑)
 ★★★ 一の重(祝い肴) ★★★ お節料理一の重(祝い肴)の画像 ↑奥から『栗の甘露煮(コープ自然派購入品)』『田作り(ごまめ)』『酢蓮根』『黒豆煮(金箔あしらい)』『イクラの醤油漬け』『三田産牛蒡のたたき酢牛蒡』『にじ屋さんからの紅白大根で紅白なます』『数の子』『柚子かぶら(三田産)』
※『数の子』は、コープ自然派さんで購入し、塩抜きと皮むきをいつも通りしました。 大阪千林に来ていたお魚屋さんのように量と質とお値段の3拍子揃って買いやすい物とはいかなくなりました…が、仕方ない。
※今年の『黒豆』は、父の関係で入手できる自然栽培のものと三田産の丹波黒の混合。1.2kg手元にあったうち、500g煮ましたが、今年はお義母様が黒豆煮が大好物なので、1キロまとめて煮ても良かったくらいのスピード消費。 またスグに第2弾作ろうと思う。
 ★★★ 二の重(焼き物など) ★★★ お節料理二の重(焼き物など)の画像『ブリの照り焼き』『出汁巻き卵(松型)』『活車海老のうま煮(コープ自然派購入品)』『ニシンの昆布巻(コープ自然派購入品)』、2012年に山口県萩市に独り旅で出会ってから、お正月用に毎年取り寄せている『忠小兵衛の蒲鉾で紅白蒲鉾』『自家製の伊達巻』『棒ダラ(コープ自然派購入品)』
※『伊達巻』は、コープ自然派さんで無添加の『はんぺん』を使用して昨年から作ることにした。
 ★★★ 『三の重(煮物など)』 ★★★ お節料理三の重(煮物など)の画像『三田産原木茸の含め煮』『赤芽芋、金時人参、大根(片山くんちの丸大根)、蒟蒻、蓮根の炊き合わせ(蒟蒻以外は三田産 または にじ屋・片山君の家のお野菜)』『三田産・筍煮』『蕗の青煮』『高野豆腐の含め煮』『絹さや(彩り用に高野豆腐の煮汁でさっと煮)』
※『椎茸』は、『三田産原木茸』を自家干ししたものを調理。
※『炊き合せ』は、片山くん家の畑やにじ屋さんで調達した丹波産や近郊野菜、『JA兵庫六甲・産地直売所 パスカル三田』さんで購入した地場産ものを調理。
 ★★★ 生野菜と果物など ★★★
お節料理スモークサーモンなどの画像↑にじ屋の片山君に出会ってから6年。 彼の所からしかリンゴを買わなくなった私。 大・大・大ファンの長野県の下川りんご農園さんのリンゴと一緒に、キウイフルーツやベビーリーフやセロリなどをスモークサーモンと一緒に並べておきました。
お義母様も子供の頃から今までは、生のリンゴは喉を通らないし、美味しくないからと食べることができなかったのに、わが家に来てからはこの下川さんのリンゴが好物でほぼ毎朝よく食べてる。
 ★★★ お雑煮とお酒 ★★★
2022年のお節料理の画像↑『お雑煮』は、元旦は鰹出汁に白味噌、お餅は丸餅。
『お酒』は、地元三田の『岡村酒造場』さんの新酒★ 2022年のお節料理の画像↑年始早々にお雑煮の上にあしらう鰹節を新たに開封し、削り始めました。 2022年のお節料理の画像↑『お雑煮』の具材は、大根、金時人参、小芋(赤芽)、紅白蒲鉾に柚子皮、鰹節と三つ葉をあしらいます。
今年も外はうっすらと雪化粧の元旦。 わが家の小さな庭の三つ葉たちも凍っていましたが、大きな葉の下で若芽の三つ葉があるので、それを収穫してあしらいましたよ。
※柚子は兄家のお庭のもの。
※雑煮餅は、実家・神戸の母に搗いてもらった丸餅が入っています。
お酒は、年末に旦那様がまたまた三田の作り酒造場『岡村酒造場』さんにお買い物に行ってくれて、『三田しぼり』と『三田しぼりたて』を購入して来てくれたものを開けました。

 ★★★ 初詣と昼食と夕食 ★★★ 初詣の画像↑朝食後はダラダラ(ゆっくり)と旦那様とお酒を吞みながらお節料理を食べ、息子くんもそれなりに付き合ってくれて(ゆっくり食べる大人に)、朝食が終ったのが9時頃。

『お正月・元旦だけは家のお掃除をしない』と決めている私。 通常なら毎朝、拭き掃除、おトイレ掃除、玄関掃除などを欠かさないので、お掃除をしないだけで朝食の後の時間がゆっくりな時間に思える。
元旦の朝にお掃除をしなくて良いように、大晦日の夕食後に全てのお掃除を再度したけどね。
昨年同様、10時半頃から初詣に御近所の天満神社さんへお散歩も兼ねて皆で行きました。 息子くんのお絵描きの画像↑そうそう、冬休みに入って、息子くんが急に鉛筆を持って絵を描くことに目覚めましたよ!!
12月の幼稚園での懇談会で先生からは「りょうちゃんは、字を書いたり、お絵描き、製作などが苦手なのか、殆ど手をつけようとしません…」って言われ、私も息子くんの家での過ごし方(遊び方)でそれは思っていたこと。

恐らく、息子くんは完全な左利きさん。 鉛筆とお箸だけは絶対に右手の使用を厳しく言っているので、パッと左手で何か書こうとしても私が「手が反対~!!」って言うから、製作意欲がなえていると思う。 実際に字でもお絵描きでも左手の方が力強く線が書けるし、動きも自然。
幼稚園の先生には年少組さんの担任の先生にも、今の年中組さんの担任の先生にも「鉛筆とお箸だけは右手で、それ以外は自由にさせています」と特記事項に書き添えたけれど、そこはあまり気にかけられていない様子。
そんな息子くんが、冬休みに入って、急に電車の大図鑑を見ながら絵を真似て描くことに目覚め、落書き帳などが急にスゴイ消費に~。
他にも、食品ケースなどの廃材で色々と製作もしてるから作品(私にはゴミだけど…)が増える~。
子供って、ある程度のことは個人差とタイミングなのよね~。描きたくない絵を描けと言われても描けないだろうし。 「幼稚園では製作もお絵描きも今まで通り、気の向くままに好きにしなさい!」と言っておきました。
あと、色塗りやお絵描きに関しては左右好きな手で鉛筆を持つこともOKと。 だって、両手で異なる色のクーピー持って同時に色塗りしているし、私の母も左利きさんで、色塗りは両手でやってたし、旦那様もそうだしね。 「文字は書き順があるから必ず右手」という考えだから、お絵描きは自由にすればいいと思う。

↑しかし、息子くんの描く絵が、偶然にも遠近法で描かれていることに驚いた!!

★昼食:『豚汁』『お節料理』『雑穀米』
★夕食:『お節料理』『地獄蒸し/茶碗蒸し』
でした。写真なし★

★★★ 1月2日(日) 2日目の献立 & 伏見のお墓参り↓↓↓★★★
 大晦日、元旦と続けてお抹茶点てて飲んだ上に、緑茶も一日中飲んだせいか(←毎回てき面なので、ほぼ間違いない)、元旦夜は息子くん合計睡眠時間3時間もないくらい眠れなかった…。ウトウトしてもスグに覚醒してたし。

元旦の夜にお節料理を2日の朝食用に詰め直しをし、お雑煮の準備を済ませて早々に寝るつもりだった私だけど、何も出来ないまま朝の4時に旦那様を起こして、眠れない息子くんを任せて布団を抜け出し、2日の朝の準備をした。↓↓↓ 2022年のお節料理の画像↑元旦のお重箱は私の母の母(つまりは祖母・現在97歳)が大切にしていたもの。
今年は、2日目はお義母様が昔使っていたと言って、京都から持ってきた回転するオードブル皿に詰めて、お義母様や旦那様を驚かせようと元旦の夜に思っていたので、朝から詰め直し。

2日目のお雑煮は『お澄まし & 焼き雑煮』 2022年のお節料理の画像↑朝から詰め直しに四苦八苦しながら、完成したと思ったら『伊達巻』や『出汁巻き玉子』を入れ忘れてた~って後で気が付いた。 2022年のお節料理の画像↑二日目の『お雑煮』は『焼き餅のお澄まし』。具材は『里芋(赤芽芋)、大根、金時人参、蒲鉾、三つ葉、あれば柚子』が旦那様の家のお雑煮なので、今年からはそのように作ってみた。
昨年までは私の実家の2日目の雑煮『焼き餅と水菜のお澄まし』を作っていたけれど、お義母様がその方が喜ぶかな?と思いそのように変更。
★★★ 1月3日(月) 3日目の献立 @ 神戸の実家にて ↓↓↓★★★
 お正月3日目は、お義母様は朝から出掛け東京の義妹・Sちゃんと京都で落ち合い予約していたホテルで1泊予定。 京都伏見に住んでいた時の例年通りのスケジュール(お墓参り→御香宮神社さんへ初詣→長建寺の弁天様でお御籤…などお決まりコース)を過ごすことに。 2022年のお節料理の画像↑我々は例年通り私の実家へ。 兄家も集まり、昼食は『ちらし寿司』と『ヒレステーキ』と『お澄まし』『お節の残りとオードブル』などをご馳走になりました♪

この日、旦那様と決めていたのが、お義母様が居ない夕食なら、「お肉の塊が食べたい!!」と数か月前から時々呟いていた私を気遣って「今夜はステーキにしたら?」って言ってくれていたのだけど、実家でお昼にステーキ!!!
「あの子(←私のこと)、お肉の塊が食べたいんじゃないかな?」って思ったらしい。しかも、母が焼いてくれて、私は口開けて待っていればよく、こんな贅沢はない!!
家でステーキだと私が焼かないといけない
1枚の鉄板に3枚のヒレステーキを焼いてくれて、しかもお箸でつつけるようにカットまでしてくれて、私の手のお箸が止まらなかった~。 息子くんの分まで食べてしまった~♪ 焼き加減もピッタリ私好みで、もう大大大満足♪ 2022年のお節料理の画像↑夕食は兄家家族は帰宅し、我々だけが実家両親の好意に甘えることとなり(兄家家族は前日に夕食まで一緒にしたので)、たっぷりのカニを買って来てくれて『カニの水炊き & 〆の雑炊』でした♪

相変わらず、母には私の思考が完全に見抜かれている様子で、この日の昼食『ステーキ』にも驚きましたが、『カニの水炊き』も今季まだ食べていなかったので、一度はカニを買って来るつもだったけど、多分…実家で沢山の大きなカニを御馳走になったので、今季はもう買わないような気がする~。笑

★★★ 1月4日(火) 夕食献立 ↓↓↓★★★
 午前中、私の今年初の鍼灸治療でのメンテナンス日。 息子くんは旦那様に任せて単独行動。
お昼ごはん時間の帰宅になるので、旦那様がカレー風味の焼飯を息子くんの指導下で作ってくれていた。
前日より京都にて義妹・Sちゃんとお泊り中のお義母様は、夕食も食べて帰るとのことで、帰宅は20時ごろに。 夕食献立の画像↑夕食:『真ホッケのグリル焼き /w ミックスベビーリーフ & キャベツ』『薄揚げと小松菜の煮びたし』柚子蕪 & 叩き酢ゴボウ & 紅白なます『黒豆煮』『大根葉の菜飯』『お味噌汁』『みかん』

★★★ 1月5日(水) 夕食献立 ↓↓↓★★★
 旦那様の初出日。 わが家では(私ルールでは)『旦那様の初出=鏡開き日』。
包丁を入れずにお餅を割って、お雑煮やお善哉などにして頂きます。
わが家のお正月『しめ縄飾り』は、地元で昔から残っている神社さんでの『どんど焼き(左義長)』が1月14日の夕方16時から始まるので、しめ飾りは14日の午前まで玄関に残すようにしています。 鏡開きの画像↑実家母の搗いてくれるお餅は大阪に居る時の隣人のおばぁちゃまも、わが家のお義母様も「美味しい!! お餅がこんなに美味しいなんて!!」って言ってくれます。
実際に私も旦那様もそう思っています。 アチラコチラの和菓子屋さんでお餅を購入したこともあるけれど、どこよりも美味しいって思う。 もち米の甘味も風味も濃厚なのよ!!

で、普段『お米』を殆ど食べないお義母様はてっきり『お餅』も食べないと思っていた私、今年のお義母様と一緒に初めて迎えたお正月での驚きは、「えりちゃんのお母さんのお餅、スッゴク美味しくって、自分でも信じられないくらい食べられるし食べたいって思うの!!」って、朝食に『お雑煮餅』、夕食にも『お雑煮餅』ってフツーに汁椀に丸1個のお餅を食べてるんだ!!

この日の夕食の鏡餅を焼いた『焼き雑煮』は誰よりも沢山でお餅2個食べてた~。笑 肉まん作りの画像↑さて、この日の息子くんとの遊びは、午前10時半ごろに「お昼ごはん、何にしようかなぁ~?? りょうちゃん"肉まん作ってみたい" って言ってたから、今から作ってみる??」で始まった『豚まん/肉まん』作り。

昨年末のクリスマスにクッキー作りを初めてして、生地を綿棒で薄くのばす作業をした経験のおかげか、生地のばしが上手でビックリ!!! 肉まん作りの画像↑全部で6~8個作れるレシピなので、8個で作ることに。 写真では分かりにくいかもだけど、中央の豚まんは「ブタさんの耳と鼻つき」。
長い冬休み、遊びにお料理を組み込むと、結構楽しめる。
急いでいる時に「お料理したい~」って来られると、逆にコメカミあたりがピキピキしだすケド
息子くん、気に入ったみたいで大きなのをペロッと2個食べてた。 夕食献立の画像↑夕食:『鶏の照り焼き』 VS. お義母様は『ブリの照り焼き & 田作り(ごまめ) & 棒鱈』『赤芽芋、金時人参、丸大根、蒟蒻、蓮根の炊き合わせ & 筍煮 & 三田産原木茸の含め煮『紅白なます』『水菜と御鏡餅の焼餅のお雑煮』『大根葉の菜飯』『みかん』、(西村清月堂さんの『赤松』←旦那様以外は朝食後にお抹茶点てて食べた)

★★★ 1月6日(木) 夕食献立 ↓↓↓★★★
夕食献立の画像↑夕食: 『エビ・カニ・イカの海鮮シュウマイと旬野菜の蒸籠蒸し(キャベツ、水菜、玉ねぎ、太ネギ(紅)、蓮根、南瓜、金時人参、菊芋、赤パプリカ)』↑『蕗の青煮』『高野豆腐の含め煮』『三田産牛蒡のたたき酢牛蒡』『みかん』

昨日の初出早々 & 今夜も旦那様は日付をまたいでの帰宅。 就寝は26時過ぎそうです…。

ではでは、今日はこの辺で。。。

【2022年頁のトップに戻る】

Happy New Year!! 2022!!

Jan.1,2022(Fri)

2022年のお節料理の画像

 === ♥新年明けましておめでとうございます♥ ===
皆様の2022年が素敵な輝かしい日々で満たされることをお祈り申し上げます♡

♥ Happy New Year!! 2021 ♥
For everybody in the world♡♡♡
May the New Year fill up days with all things that are Nice & Bright!!!!!
Here, I'm wishing you a Lovely 2022 ♡

2015年秋に、神戸から大阪(京都人の旦那様)へと嫁ぎ、2017年2月の息子くん誕生により、日々の家事に加えて、初めての育児などで、ますます PC が開けられず、更新が滞ったままになっていますが…、
そして、昨年2021年は2月上旬からお義母様が京都から三田のわが家に越して来て同居もスタートとなりました。祖母や母の手料理で食べ教わってきたレシピや、私自身が海外在住時や自炊を始めてから覚えたレシピなどを充実させたいと思いつつも、なかなか思うように進んでいません…(反省)。
それでも!! 本年もゆる~く…不定期にですが、このサイトは更新していきますので、お付き合いの程、何卒宜しくお願い申し上げます!

♣今年も美味しい食べ物たちに元気をもらって頑張りましょうね~☆


 =================== ♥管理人@えり♥ ===


♣年が改まり、この『What's New』のページも、 2022年 ページに新調しました!! 今年も冗長な文面にお付き合いくださいましたら幸いです♡

♣昨年(昨日)までの記事は、全て 2013~2021年 アーカイブとして、ページ右横欄にリンクを残しております。

★昨年2021年『What's New』の直接記事リンクをブログなどに貼ってくださっている方がおられましたら、2021年の記事リンク URL が
 『events.html#01-637~#12-712』は→
 『events2021.html#01-637~#12-712』
という風に『2021』を加えていただかないと直接記事には飛べなくなっています…大変申し訳ありませんが、ご了承くださいませ。
…ど素人が作るサイトはこういう所に勉強不足が露見してしまいます。。。反省
 ================================

【2022年頁のトップに戻る】
♣2013年の記事を読む »»
♣2014年の記事を読む »»
♣2015年の記事を読む »»
♣2016年の記事を読む »»
♣2017年の記事を読む »»
♣2018年の記事を読む »»
♣2019年の記事を読む »»
♣2020年の記事を読む »»
♣2021年の記事を読む »»

『えりの食の世界』のあれこれ

Auther: えり
『えりの食の世界』での、日々の出来事や、レシピ公開までの裏話などのあれこれを、2013年から備忘録のように、徒然日記のように…思いつくままに書いています。


連絡先  Mail

contact@eriFW.com


2022年(このページ)の記事


2021年の記事


2020年 の記事


2019年 の記事


2018年 の記事


2017年 の記事


2016年 の記事


2015年 の記事


2014年 の記事


2013年 の記事


My Official YouTube Channel

動画レシピあるよ


おすすめサイト紹介  Link Site