パエリアのレシピ - eriFW.com

パエリア

TOP > えりのレシピ > お魚料理 > フライパンで作るパエリア

パエリアの画像パエリアは、スペインの代表的なお料理ですね。チキンスープのベースに、魚介類の味、サフランの香りを含み込んだお米が、なんとも美味しいです。
サフランの香りと共に、バスマティライスという、とってもアロマティックなインディカ米を、私は好んで使います。多くの食材料を使うので、準備は大変そうですが、調理は簡単です!大勢のパーティーの時にもおススメの一品です。パエリア専用の鍋(パエジェーラ)がなくても、フライパンや、ホットプレートで出来ますよ♪ここでは、フライパン鍋での作り方を紹介しています。 ♥調理方法は同じですが、ホットプレートでの作り方はコチラ♥ »»

材料(4人分)

    ====<基本の材料>====
  • お米 2合(180ml) 

    (↑私はバスマティライスを使いますが、普通のお米でもOK。)

  • 鶏もも肉(ひと口大に切っておく) 約200g 

    (↑または、手羽先で<材料A>のチキンスープストックをとり、手羽先を具材として使う♡おススメ♡)

  • 玉ねぎ(みじん切り) 中1個
  • ニンニク(みじん切り) 2かけ
  • 赤パプリカ(お好みの切り方) 1個分(他の色を混ぜてもOK)
  • オリーブ 適宜
  • オリーブオイル 適宜
    ====<材料A>====
  • チキンスープストック 2カップ(バスマティ米の時は、2½カップ)
    (お水2カップと固形スープの素1個でも可)
  • サフラン お好みの量
  • 塩・胡椒 各適宜
  • 月桂樹(ローリエ) 1枚
    ====<材料B>====
  • 白ワイン 大さじ約4杯
  • イカ(皮をむいて輪切り) 1杯
  • えび(背わたをとっておく) 中8~12尾
  • (ホタテ貝柱 お好みの量←オプションです)
  • あさり、またはハマグリ、またはムール貝  お好みの量

    (↑各例:あさり12個/ハマグリ8個/ムール貝8個…ムール貝を使うと本格的ですが、私はアサリやハマグリのほうが好きです。)

    ====<トッピングの材料>====        
  • トマト(お好きな切り方) 1/2個
  • 彩り用グリーン(シラントロ/パセリなど) 適宜
  • レモン(お好きな切り方) 1/2個
  • パエリアの材料の画像パエリアの材料の画像パエリアの材料の画像(写真左)私はいつもパエリア用に、チキンスープストック作った後にお肉を骨から外してスープに戻して冷凍したり、または、そのままスープごと冷凍したりします。手羽先を使ってスープをとるのが好きです。画像端に袋に入っているものがそうです。また、写真は、Sweet Papperといって、とても小さなパプリカを使っています。
    (写真中央)この写真では、小さなイカを使用していますが、大きなイカの場合は、輪切りにしてくださいね。また、エビも、頭や殻付きのほうが美味しい味も出ますし、見た目もきれいですよ!
    (写真右)トマトは調理の途中で使用しても、最後に飾ってもどちらでもOKです。お好きな方で試してくださいね。

フライパンでの作り方 (注:写真は2人分で作ったときのものです)

★下準備1: お米を調理の30分前に洗ってザルにあげておく。
★下準備2: チキンスープストック(または、お水と固形スープの素でも可)を温めておき、そこにサフランを入れて、色と香りを出しておく。サフランの量は、お好みで加減してくださいね。
★下準備3: あさりを使う場合は、砂出ししておき、その他の魚介類もそれぞれ下処理をし、白ワインをふりかけておく。(エビは有頭殻つきの方が美味しいのですが、私は食べる時が面倒なので、尻尾だけ残して処理してしまうことも多いです)


  1. フライパンを温め、オリーブオイルを入れ、鶏肉、玉ねぎ、ニンニクを中火で、玉ネギが透き通るまで炒める。

    (*スープストックをとった際のお肉を具材として使う場合は、玉ねぎとニンニクのみ炒める)

  2. ①に水切りをしたお米を入れ、お米全体に油がなじみ、また、お米が透き通るくらいまで、混ぜながら炒める。

  3. ②に温めておいた<材料A:スープ>を加え、スープが沸いたら、<材料B>とオリーブ、パプリカ、を並べて蓋をし、やや強火にして約5分間加熱。

    (*手羽先を使用してスープストックをとった後のお肉を使う場合は、ここで<材料B:魚介類>と一緒にお肉も入れる)
    (*お好みでトッピング用のトマトをこの段階で入れると、トマトの出汁が出て、美味しいですョ!)

  4. ③の蓋がコトコトと揺れ始めて蒸気が出始めたら、火加減を弱火~とろ火にして、約15分間そのまま加熱を続ける。

    (お米を少し食べてみて、かたい場合は、約3分追加で加熱し、もしも水分が足りないようなら、分量外のお水を足すと良いですが、少し固めの方が美味しいですよ!)

  5. ④のフライパンの中の水分が無くなった様子の音(パチパチとい音)が聞こえ始めたら、火を止めて約5分間蓋をしたまま蒸らす。

  6. トッピング用のトマトとグリーンを乗せて、もう一度蓋をして、5分ほど蒸らす。

  7. 全体を軽く混ぜ、レモンを飾って出来上がり。♪


↓↓↓注:写真は2人分で作ったときのものです


★レモンを絞って食べると美味しいですよ♪

★お塩の量は、後で食べながらでも足すことが出来ますので、あまり気にせず、やや控えめに調理してみてくださいね。
(炊き込みご飯や、混ぜご飯は、塩分を控えたい方は特に、調理のときのお塩は控えめ使用し、最後に火を止めた後でお塩を使うようにすると、かなりお塩の量は控えることが出来ます。調理中のお塩は、お米が吸ってしまいますが、調理後にお塩を振ることにより、素材の表面にお塩が付く為、お口に入れたときに、直接舌に塩分を感じることが出来るからですよ。)

 

サラダ


スープ&煮込み料理


お魚料理


お肉料理


ロシア家庭料理


デザート&保存食